社員

契約期間の短縮や延長にも柔軟なレンタルオフィス

ノートPCを操作する

業務用のスペースとして貸事務所を借りる場合、その契約は数年単位となります。実のところ、この数年単位での貸事務所の契約というものは、さまざまな業務の拡張に伴って従業員を増員するようなときには、契約期間が思わぬ足かせとなってしまうことも少なくありません。例えば、一般的な賃貸の事務所を契約したての時期は、まだ事業の規模もそれほど大きくはなく、従業員も少ないことから、坪数の小さな事務所を借りることができます。しかし、業績が順調に上向いて従業員を増員することになった場合、これまで借りていた貸事務所では手狭となってしまい、引っ越しを余儀なくされてしまうことがあります。また、前述した通り一般的な賃貸の事務所の契約は数年単位であるため、契約期間中に事務所を引っ越すとなると、違約金が発生してしまうことになります。
しかし、東京のレンタルオフィスであれば、契約期間や契約期間の延長などを柔軟な姿勢で対応してもらえるところが多いため、安心です。また、業務の拡張に伴って事務所を引っ越しすることも比較的容易にできます。順調に業績が上向いて事務所の引っ越しを余儀なくされた際に慌てないようにするためにも、当面の間は東京のレンタルオフィスを借り、業績が安定するまでレンタルオフィスを拠点としてみてはいかがでしょうか。